前へ
次へ

超高齢化社会を支える介護の仕事

超高齢化社会の到来に伴い、介護の仕事も変容してきました。
国家資格である介護福祉士の資格が求められるようになり、資格取得のための制度もようやく整備されました。
それは、社会が求めるニーズに応えることを目的としていて、多様な社会のニーズに応えられる人材の育成が急務となってきています。
ホームヘルパーの資格だけではできる仕事が限られてしまうため、最終的には国家資格を取得しなければすべての仕事を任せられなくなってしまいます。
将来的なキャリ形成を考えた時に、必ずと行ってよいほど国家資格の取得が有利に働いてくるのです。
また、超高齢化社会の到来が、高い専門性のある人材を必要としています。
超高齢化社会の到来によって介護施設でも様々なサービスを提供することが求められるようになりました。
高いレベルの専門性を持つ人材の育成には、国家資格があることが前提条件になるため、資格を取得するためのキャリアパスも以前と大きく異なります。

Page Top