前へ
次へ

介護のときに気をつける一つのこと

介護をするときに注意しなければならないのが食事です。
普通に自分自身で食事ができる場合などの方が特に気をつけなければならないこととしてあるのが嚥下障害です。
これは飲食物が上手く、しっかりと飲み込めない場合などに起きることであり、飲み込んだものが食道で詰まって、つかえてしまうという障害であり、認知症の人とか寝たきりの高齢者などに起きやすいものでありかなり注意しなければ死に直結することもあります。
また誤嚥によって誤嚥性肺炎を誘発するということがありますのでとりあえずその時に直接的に問題がなかったとしても後で肺炎になってしまう原因が生まれるので必ず注意深く見守っていなければならないということになります。
介護では常にその人を見ていることができないこともあるでしょう。
しかし、食事のときに注意しないといけない人というのであれば必ず見守っておくようにしましょう。
それがまずはとても大事なことになるでしょう。

Page Top