前へ
次へ

「デイサービス」と「訪問介護」違いは

一口に介護サービスといっても、その種類は多く「デイサービス」「訪問介護」「訪問看護」などさまざまです。
ここではそのうちの「デイサービス」と「訪問介護」についてとりあげ、どんなサービスが受けられるのかその違いを見ていきましょう。
デイサービスは、利用者が施設に定期的に通うことで受けられるサービスです。
内容は日常生活における介助や機能訓練などが主たるもので、食事・入浴・リクリエーションなどのサービスを日帰りで受けられます。
これによって家族の負担を軽くし、本人の健康状態の維持や向上を目指すことがサービスの目的です。
訪問介護というのは、ホームヘルパーの資格を持つスタッフが直接家に訪問してくれるサービスです。
内容は、食事の支度や洗濯・掃除など家事を行ううえでのサポート、トイレや入浴などの介助です。
また利用者が病院へ行く際など外出時のサポートも含んでいます。
自宅以外の環境ではストレスを感じやすい方などには特に向いているといえるでしょう。

Page Top