前へ
次へ

「デイサービス」と「訪問介護」違いは

一口に介護サービスといっても、その種類は多く「デイサービス」「訪問介護」「訪問看護」などさまざまです

more

今もし介護求人情報に注目するなら

もしこれから、特定のコンテンツを活用して介護求人情報に注目をするのであれば、どのようなやり方で実践す

more

超高齢化社会を支える介護の仕事

超高齢化社会の到来に伴い、介護の仕事も変容してきました。
国家資格である介護福祉士の資格が求め

more

周囲の支援を受けながら老々介護する高齢者

年々、高齢化が進むにつれて身体機能が衰えてきたり、認知症気味になる人が増えています。
ところが、以前から核家族化が進んでいるので、一人で身の回りのことをするのに不安のある高齢者と同居しているのも高齢者だけという世帯が増えています。
国の調査では既に、高齢者世帯では後期高齢者同士の老々介護も3割に達していますが、更に増加していくと見込まれています。
しかも、首都圏や大都市圏には日常生活に必要なスーパーや公共施設、及び医療機関等が揃っていて利便性が高いので、地方から高齢者が一層こうした都市部へ引越す傾向が現れています。
ところが、以前から国が施設入所から在宅介護へ軸足を移動する方針転換を図っているので、家庭内で連れ合い老夫婦の一方が他方の面倒をみるケースが多くなっているわけです。
症状が軽度の場合は連れ合いの負担も軽くて済むので、地域包括支援センターの生活支援等を受けながら日常生活を何とか過ごせます。
しかしながら、症状が重くなってくるにつれて連れ合いの肉体的、及び精神的な負担が急激に増してきます。
連れ合いも高齢者ですから24時間、365日、目を離せない状態になってくるとその負担が極限状態に達してしまいます。
こういう状態になると面倒をみる側が逆に疲れ果てたり、病気になってしまうので、在宅生活が続けられなくなってしまいます。
従って、在宅のまま面倒をみる場合はこういう状態がいつか訪れることを想定して、事前に地域包括支援センターの担当者と方策を話し合って事前に準備しておくことが必要です。
また、平素から面倒をみる連れ合いが疲れで倒れないよう、時折り、炊事、洗濯等の家事を離れて自分の時間を作ってリフレッシュする必要があります。
高齢者同士の共同生活を長続きさせるには要介護者を特養のショートステイサービスに預けて休養したり、ストレス解消を図ることがコツのようです。
費用が安い特養の受け入れスペースに空きがないようであれば自己負担になっても有料老人ホームを利用することです。

東京のCBTにも対応する医学部個別指導塾
歯科教育に精通した先生が在籍するCBT対策を行う歯学部専門塾です。

不妊症 検査 大阪
からだに優しい生殖医療をご提供しています

男性不妊 大阪
最新の医療検査をさせていただきます

名古屋 北区 歯医者
定期メンテナンスにご来院ください

脱肛 手術 千葉
大きくなった内痔核を取り除きます

Page Top